■2005年の短歌ドリル

--------------------------------------------------------
目標は「できるだけ皆勤」
年々、目標のレベルが下がってきているのが気になるところ。
〉←マーク付きは最新です。

〈短歌ドリル〉の会場は「万里子の部屋」の「短歌ドリルBBS」。
公式記録は「美作直哉のShort Poem Factory」にて連日更新。
--------------------------------------------------------

 03/13「固有名詞」
 権力を喰らい豪奢な人豚の衣を纏うゲーリングかな

 03/08「愛」
 猫砂に伸ばすわが手に躊躇なしああ香ばしきウンチがふたつ

 03/07「ヘアースタイル」
 うなじから君の名残を掬いあげシニョンに包む月曜の朝

 03/04「スタート」
 鉄枷に皮膚の削がるる痛みなど知らず始めた二人三脚

 03/03「体の一部」
 かく君を可愛がりしか朝餉(あさげ)にて耳土器(みみがはらけ)におよび滑らす
   * 耳土器:箸(はし)を置くために使用する、耳の形に似た小さな焼き物。耳皿。

 03/02「小さなもの」
 寸分も狂わぬきみの未来図が憎い 小指で箱庭はじく

 03/01「くちびる」
 日に一箱 悪霊どもと舌をからませくちびるは脂(やに)に光れり

 02/28「青」
 四肢を開ききみの重みを運びゆく まぶたに映る海原のいろ

 02/25「白」
 長血にはあらねど師(ラビ)の真白なるツィツィト握りき「おんな」を病みて
   * ツィツィート:ユダヤ教徒の祈祷用ショールの四隅に付いている房。

 02/24「食器」
 ティーポット 蓋の突起をつまみてし思う三十路のからだの温(ぬる)み

 02/23「職業」(OL)
 居残りてふつと子宮の潤みたる心地す男女の部署間電話

 02/22「寝顔」
 このひとを知らぬと気づく三度目の愛撫の果てし午睡の顔に

 02/21「救急車」
 死も不死も知らず幼き日のわれはドップラーなど口真似をして

 02/18「『ひ』と読める漢字」
 「二人で」と言はれ緋色の洋傘のうちに並びぬ 時、近づきぬ

 02/17「連絡」
 秒針は呟いている「黄泉からの連絡船の到着を待て」

 02/16「感情」
 吸はれてし奴隷の印の赤々とにじむ肌こそ嬉しからまし

 02/15「冬らしい食べ物」
 甘酒の鍋に沈めし若き日の母の想いの苦きを知りぬ

 02/14「バレンタインデー」
 パンプスの音も高らかにチョコレート売り場を過ぎる ナメんじゃねえよ

 02/10「『しん』と読める漢字」
 腐葉土と化す歌びとのこころかなしあわせ蟲に侵蝕されて

 02/07「オノマトペ(擬音語・擬態語)」
 返答のかわりこつりと下腹を突つくものあり共寝の目覚め

--------------------------------------------------------
page top back home

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー