■2003年の短歌ドリル

--------------------------------------------------------
“自分らしい表現”を模索して、あれこれ試行錯誤した一年。
“エロ系”もわりと多め。
--------------------------------------------------------

 12/20「雲」
 天離る日の輪めざして昇りゆく雲竜を見き 幼きわれは

 12/05「光」
 来ぬ人を恨むなかれとジッポーの炎をむすぶ掌(たなごころ)かな

 12/04「多忙」
 ラッシュアワー手から手へ舞う釣り銭にミス・キオスクの温もりはなし

 12/03「ゲーム」
 引っ越しをして髪切って恋人もリロードボタンで選び直して

 12/02「嵐」
 思春期といふ亡霊とともに生く私はヒースクリフであつた

 12/01「青いもの」
 「ああこれが愛のカタチだ色なんだ」ぼくらは地球(テラ)を遥かから見る

 06/16「迷」
 しゃくり上げやおら駆けだし幼子は八十年の迷宮へ入る

 06/14「格闘」
 太古より益荒男どもの叫びあり甲骨文字のごとき蹴りかな

 06/09「ほし」
 干し葡萄を喰らう喰らうお婆ちゃんの肉の味する喰らう頬張る

 06/07 「傾いたもの」
 汗かいて歯を食いしばり筋たててピサの斜塔も下腹のアレも
   注意……EDのことではありません

 未だ逢はぬわが子の宮のいたづらに傾るるを見よ妙齢の月

 06/06 「見えないもの」
 群青に沈む都会をモザイクに砕いてしまえ時のこぶしよ

 06/05 「陽炎(かげろう・かぎろひ)」
 かげろうの向こう側から「幸せ?」とゆらり手をふるわたしの死骸

 06/04 「紫陽花(あじさい)」
 沈黙を守り微笑を失った紫陽花よ日影の異母妹よ

 06/02 「いち」
 生き延びてやるわ凍土に根を張ってきみは一年草だったけど

 05/31 「石」
 石ころを雪のつぶてにしのばせた殺人者だった幼子のころ

 05/30 「副詞・体言止め」
 終点を越えて石炭燃ゆ熱くもっともっと!絶頂機関車

 05/28 「ホラー」
 大鍋の秘伝スゥプのトロ味増すコックの妻は里帰りして

 05/27 「かがみ」
 「かがみっちょ捕まえちゃるき」兄さまの声のみ留まる神隠しかな
   *かがみっちょ…カマキリの異名

 05/26 「梅雨」
 赤と青レインコートの袖口が結ばれており梅雨の通学

 05/24 「日」
 吾が祖母の祖母らの骨と眠りたい葉漏れ日ささぬ世界樹のもと  *世界樹→Click!!

 05/23 「む(漢字)」
 無花果(いちじく)の葉を脱ぎ捨ててじゃれあったアダムとイブはバスタブの中

 05/22 「鳥の名前」
 抱っこしてほしい翼の退化したキウイみたいなあたしだけれど

 05/21 「流」
 彗星は誕生と死を行き来する流線形のぼくのたましい

 05/20 「ネット用語」
 あの部屋に入ると脳でブラクラが起こる怖いわパパいやよやめて

 05/19 「挨拶」
 750cc(ナナハン)を吹かし刹那の春逝けり ドップラーする “ゴッドファーザー”

 05/17 「愛」
 顎先の愛嬌黒子をつまはじき恋人未満の羊膜を剥ぐ

 05/16 「絵」
 まなかぶら ほげた おとがひ 嗚呼なぜに君は君よと素描し泣けり
   *まなかぶら…目の縁 *ほげた……頬骨

 05/15 「朱」
 残さるはダブルベッドと憎しみと朱肉の跡の乾かぬ書類

 05/14 「麺類」
 ひとさじのミルク垂らした煮麺のごと含みしやきみのセクスを

 05/12 「動物」
 水辺よりヌーのやにわに駆け出してサバンナの地に生命(いのち)轟く

 05/10 「家」
 玄室の今際の際の灯も絶えて王家の谷は白砂に埋もる

 05/07 「五月晴れ」
 五月晴れぐるり360°大地を包む陽光(ひかり)のドーム

 05/06 「色の名前」
 スルタンの宴前夜の気怠さや淡きキャメルの君が髪艶

 05/02 「とき」
 キートンとともに走ろう さあトーキー、テクニカラーのブーツ脱ぎ捨て

 05/01 「間」
 ニュートンの林檎ひとつが落ちる間にぼくらは何度死んだのだろう

 04/30 「少年」
 初陣や杵つくごとく敵の身を討ち少年の時代(とき)は終わりぬ

 04/28 「木偏」
 お母さんお母さぁんって赤錆びた記憶の柵を揺すって泣いて

 04/26 「携帯電話」
 天駆ける電磁の波の揺らぎには口ベタ人魚の想いがのって

 04/25 「月偏」
 床湿る熱帯雨林なキスをしてふたり脂(バター)になってしまおう

 04/24 「揃う」
 オールスターキャストさながらKodakに焼いたぼくらの「卒業白書」

 04/23 「やわらか」
 ブロックをきみの手足にくくりつけ柔き泥土(こひぢ)に沈めてやるの
   *掛詞(泥土=恋路)に初挑戦。

 04/22 「復活」
 三度(たび)でも五度でも我が四肢切れとふヤモリ女の誓いは悲し

 04/21 「手」
 かみさまの息吹き流るる断崖を跳ぶんだきみの手房をとりて

 04/19 「鏡」
 牛頭馬頭(ごずめず)の交はりと見ゆ安宿の古鏡台に映るあやかし

 04/18 「満」
 ぼろタオル伸びたTシャツベランダの満艦飾に青春ぞある

 04/17 「地名」
 茜さす昼の新宿ぎやまんのボールの中のジオラマめいて

 04/16 「酒」
 言葉など届きやしない酒瓶を子宮に胎児がえりしたひと

 04/15 「決」
 露天風呂 酔ひて乳房をはだければ決(しゃく)れた月が顔そむけたり

 04/14 「占い」
 電飾は大嘘つきの星たちに「ザマ見ろ」と言う地上ののろし

 04/12 「野菜」
 さあウチをフォークで刺して。フルーツに負けんトマトの甘汁(つゆ)吸って。

 04/11 「小説のタイトル」
 己てふ獄の内より呼ばはりき 嗚呼クオ・ワディス・ドミネ? ドミネ?と

  *「クオ・ワディス・ドミネ?」:ラテン語で「どこへ行かれるのですか、主よ?」の意

 04/10 「気」
 まみどりの稲を分け来る丘蒸気 明日へ帰ろう汽笛を鳴らし

 04/09 「落ちた」
 首が落ちた。腕(かいな)がもげた。脚とれた。けなげなるかな人形の恋。

 04/08 「金(かね)偏」
 千本の針をおなかに詰めました。ごめん、「好き」なんて嘘っぱちです。

 04/07 「よう」
 首すじにまとう匂いの若すぎてあんたの生き血よう吸われへん

 04/05 「魚」
 爪きりの刃でむしるウオノメにはたちの吾の影映りけり

 04/02 「新人」
 挑みては「畜生!」 悩める十七の柔きペニスを握り締めをり

 04/01 「みず」
 何も言はぬ 何も感じぬ 地の底の水晶樹海に生まれし我は

--------------------------------------------------------
page top back home

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー